ガレットデロア

2015/01/09 (金)  カテゴリー/メニュー

ようやく書道の課題を終え、オーブン始動しました!
まずは自家用にレーズンロールとカンパーニュ。
今年はハード系のパンをもっと店頭に並べたいので
種や発酵生地の仕込みもしました♪ワクワク♪


さて、「ガレットデロア」を召し上がりましたか?

*** 以下、ウィキペディアより抜粋 ****

フランスの地方ごとに少しずつ異なるが、最も一般的なものは紙の王冠がのった折りパイにフランジパーヌ(アーモンドクリーム)が入ったパイ菓子で、中にフェーヴ(fève、ソラマメの意)と呼ばれる陶製の小さな人形が一つ入っている。公現節(1月6日)に家族で切り分けて食べ、フェーヴが当たった人は王冠を被り、祝福を受け、幸運が1年間継続するといわれる。名称の「ロワ」(王たち)とはフランス語で「ロワ・マージュ」(rois mages)と呼ばれる東方の三博士のことである。

********* ******** ********

この辺りのケーキ屋さん、パン屋さんではあまり見かけませんね。
そういう場合は「なんちゃって」でも良いので自分で作りましょう!

今月のくるみ工房は「あなたのためのパン屋さん・パン教室」
パン屋さんは受注販売のみ、パン教室はリクエストメニューとなっております。

今月この「ガレットデロア」のリクエストレッスンが幾つかございます。
バター不足なので、パイ生地はバターなし、ついでに卵もなし、
簡単な上にさっくさくな生地をご紹介したいと思います。

ガレットデロア

ちゃんとフェーヴも入れますよ!試食タイムが楽しみです。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

コメントを書く

装飾
管理人にのみ表示
 

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)