長時間発酵のリュスティック

2013/06/14 (金)  カテゴリー/食べ物

教室のレッスンとしてはなかなかお伝えしきれない、
美味しいパンが幾つも幾つもございます。

そのうちのひとつ、長時間発酵の「リュスティック」。

リュスティック長時間発酵

リュスティックとして何回かレッスンもございましたが、
作りやすい水分量や作業工程にアレンジしたものでした。
もっともっと時間と気持ちに余裕を持って作れば、
こんな気泡が現れ、もっちり感もかなりアップします!

リュスティック長時間発酵 断面

自家用パンはもっぱら「ゆっくり、適当に」がモットー。
大体が酵母のパンなので必然的に「ゆっくり」にはなりますが、
これは少量のドライイーストで作りました。
酵母のパンのように「ゆっくり、適当に」作れば
同じような深い味わいが生まれます。

以前、有志の集まりでパンの研究会を開催したことがありました。
そのうちのある回でフランスパンの作り比べをしましたが、
時間がかかるので本当に1日がかり!途中でランチに出かけたりもして
とっても楽しかった思い出があります。

パンを仕込んでいる時間。パンが焼けるのを待つ時間。
どのように過ごすかはみなそれぞれです。
自分のライフスタイルに本当に合っているパン作りとは?
それをもっとご提案できないかな?と思いは募ります。

まだまだお勉強です!
スポンサーサイト

この記事へのコメント

コメントを書く

装飾
管理人にのみ表示
 

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)