古代のパン

2013/04/13 (土)  カテゴリー/日常

週末土曜日、ポカポカ陽気の午後、
家族で近所をサイクリングしました。

いつも静かな拾ヶ堰にも、今日は人がちらほら。

十ヶ堰

桜並木と小川のせせらぎ。近くにこんなスポットがあって嬉しい♪

桜


さてくるみ家では、自家用に日頃から天然酵母パンを
焼いている訳ですが、こんな週末ののんびりした日には
ついうっかりパンを仕込んでいたことを忘れてしまいます(汗)

あれ、なんだかパンのいい香り。何でだろう???
あっ そうだー 発酵中だったーーーー と思ったときには
すっかりブクブクになってボールから溢れ出そうな生地が・・・

しかし諦めずに焼くと、こんなイイ感じのパンに!

長時間発酵パン

こういったパンをくるみ家では「古代のパン」と呼んでいます。
発酵パンの起源は諸説ありますが、
置きっぱなしにしておいたら発酵してたというお話。
放っておいたら美味しくなっちゃったなんて、いいですよね~。

忙しい人こそ、天然酵母パン。

暖かくなり野菜や果物が出回ってきて、
酵母向きのシーズン到来です。

今年は何の酵母を起こそうかな♪
スポンサーサイト

この記事へのコメント

コメントを書く

装飾
管理人にのみ表示
 

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)